金剛筋HMBが人気を集め始めていますが、注目されている理由は有効成分にありました。

注目の3つの成分や効果的な摂取の仕方について解説します。

購入後中々筋肉が増えないと感じている人は参考にしてください。

金剛筋HMBの注目の3つの成分

 

筋トレのパフォーマンスを高めながら、しなやかな筋肉を育成したりダイエットに役立つ〈金剛筋HMB〉!

このサプリメントには、特に注目されている成分が配合されているんです。

気になる成分は、「HMB」「BCAA」「クレアチン」の3つ!

ここでは、それぞれの特徴と、カラダにもたらすメリットをわかりやすくご紹介していきます!

成分①HMB

金剛筋HMBに配合されているHMBは、海外では2000年頃に筋肉育成やダイエットのための効果的な成分として流行し、今ではサプリメントに配合される成分の定番。

日本でも扱うメーカーや商品が多くラインナップされ、目にしたり、耳にする機会も多くなってきています。

HMBは、筋肉育成のために欠かせない必須アミノ酸のひとつ、ロイシンの代謝物質として知られています。

ロイシンの代謝物質であるHMBには、筋トレでの筋肉増強や、筋肉減少抑制効果に優れています。

これは、研究も盛んで確認されている作用機序は、次のような事柄があります。

  • タンパク質の合成を促進させる
  • タンパク質が分解されてしまうことをブロック
  • 筋肉が分解しないよう、安定化させる

研究ではこのような効果が立証され、実験も頻繁に行われています。

成分②BCAA

代表的な2つ目の成分であるBCAAは、多くの人が筋肉育成のために活用しているプロテインにも多く配合されています。

正式な名称がBranched Chain Amino Acid 分岐鎖アミノ酸であるBCAAは、バリン、ロイシン、イソロイシンという3つのアミノ酸で、これらの成分は、わたしたち人間のカラダの中では作ることができない希少な必須アミノ酸。

BCAAという成分は、トレーニングの際、筋肉のエネルギー源となってカラダや筋肉のコンディションをバックアップしてくれます。

そのため、スポーツを習慣にしている人にとっては欠かせない成分です。

筋肉育成のためには必ず摂取してください。

筋肉育成の大切な材料となるBCAAという成分には次のような効果が期待できます。

  • 筋細胞の分解を防ぐ
  • トレーニングのパフォーマンス向上
  • トレーニングによる筋肉の損傷を修復
  • カラダの疲労をスピーディーに回復

成分③クレアチン

最後に、金剛筋HMBの注目されている配合成分、クレアチンの特徴と効果をチェックしていきましょう。

筋肉の育成や増強には、ご紹介した成分、HMBやBCAAにプラスして、クレアチンの摂取が推奨されています。

筋肉の組織の中に存在するクレアチンは、肝臓や腎臓で合成され、トレーニングの持久力をキープしたり、カラダの疲労を素早く改善してくれます。

クレアチンには、他にも次のような効果が期待できます。

  • 摂取後すぐに効果を発揮してくれる
  • 疲労のもととなる物質を乳酸に変え、疲れにくい体質へと導く
  • 筋肥大の効果が早く実感できる
  • カラダと脳に十分な酸素を送り、疲労を緩和してくれる

 3つの成分の摂取方法は?

ご紹介したHMB・BCAA・クレアチンは、過剰な摂取をしてしまうと、効果が実感できなくなったり、内臓に負担をかけてしまうことがあります。

過剰な摂取を避け、正しい飲み方での継続が、金剛筋HMBの効果を実感できる秘訣です。

HMB・BCAA・クレアチンは、1日に3~5g程度の摂取が目安となり、飲むタイミングは決められていませんが、トレーニング後の摂取がもっともベストなタイミング!

糖質を含む飲み物との摂取で、細胞内にこれらの成分がしっかりと吸収されるため、スポーツドリンクの活用もオススメです!